交通事故の慰謝料ってどうやって決まる?増額させるためには?

交通事故に遭った場合

2月
22

交通事故に遭った場合、やはり気になるのは慰謝料です。適正な額の慰謝料をもらえるかどうかは、被害者にとって大きな問題です。交通事故に遭った場合、慰謝料を決めるためには3つの基準があります。慰謝料をアップさせるために弁護士に相談するメリットについて調べました。

交通事故の慰謝料には自賠責保険基準、任意保険基準、弁護士基準と3つの基準がありますが、最も高いのが弁護士基準です。一般人がどれだけ交渉しても弁護士基準の額を適用するのは難しく、交通事故の慰謝料をアップさせるには、何よりも弁護士の力が必要不可欠です。加害者側の保険会社から提示された慰謝料が、弁護士に依頼する事で大幅にアップし、中には数百万も慰謝料が増えたというケースもあるのです。

交通事故の慰謝料と一言で言っても、その内訳は幅広いものです。交通事故によって被った被害の精神的な慰謝料だけでなく、治療費や損害賠償、後遺症による逸失利益も慰謝料に含まれます。これらの細かい項目にそれぞれ、自賠責保険基準、任意保険基準、弁護士基準があるために、慰謝料の算出は一般人にはとても難しいのです。最も高い慰謝料額を算出するには、過去の判例と照らし合わせて弁護士基準を求める必要があります。過去の判例からみた弁護士基準を、実際に弁護士が相手側の保険会社に提示する事で、ある種の圧力をかけることができます。

こういったメリットからも、交通事故の被害者になってしまった場合は、弁護士に相談するのが一番です。慰謝料をアップさせるためにも、交通事故に詳しい弁護士を探しましょう。このサイトは突然の交通事故でお困りの方にも役立つ、交通事故の慰謝料についての知識を解説します。

未分類 交通事故に遭った場合 はコメントを受け付けていません。

Comments

Comments are closed.