交通事故の慰謝料ってどうやって決まる?増額させるためには?

後遺症認定を受けるために

2月
27

交通事故に遭って、もしも後遺症が残ってしまった場合、この先に人生に大きな影響を及ぼすことになります。そのため、交通事故の慰謝料には、後遺症が残ってしまった場合の後遺障害慰謝料というものがあります。後遺障害とは、交通事故が原因によって残った後遺症の事です。後遺障害は、認定された等級によって後遺障害慰謝料が支払われます。

後遺症認定をするのは医師や保険会社ではなく、自賠責保険です。この自賠責保険による認定を受けないと、加害者側の保険会社から後遺障害慰謝料が支払われることはありません。後遺障害の認定を受けるには、事前認定と被害者請求という方法があります。事前認定は、後遺症の投入の認定申請を加害者側の保険会社に代行してもらいます。被害者請求は、被害者自らが書類を揃えて請求します。

事前請求は手間がかからず簡単ですが、加害者側の保険会社が手続きを行うので、こちらの要望が通りにくいというデメリットがあります。しかし、被害者請求であれば、後遺症等級を獲得するために、意見書を提出したり、さまざまな手段を利用したりできます。もちろん、弁護士の力を借りる事で、被害者請求の手間も減らすことができますので、後遺障害慰謝料をアップさせるためにも、等級の認定申請は弁護士に依頼した上で、被害者請求をおすすめします。

未分類 後遺症認定を受けるために はコメントを受け付けていません。

治療にかかる慰謝料の基準

2月
23

交通事故で被害に遭った場合、特に大きな割合を占めるのが治療費についての慰謝料です。入通院慰謝料は、どの基準で算出するかによって、金額は大きく変わります。たとえば、自賠責保険基準で入通院慰謝料を算出した場合は、治療の完了まで入通院していた期間と、通院した実日数の2倍を比べて、少ない方が入通院日数となります。この日数に4200円をかけた金額が慰謝料です。

任意保険基準になると、実通院日数ではなく、何カ月治療期間があったかで計算しますので、自賠責保険基準より慰謝料は高くなります。弁護士基準になると、月ごとの治療期間で計算するのは同様ですが、基準額が高いので、さらに慰謝料はアップします。

後遺症は等級によっておおよその金額が決まっているので、等級が適性であればそれほどもめるケースは少ないです。通入院慰謝料の場合、治療が長引けば長引くほど費用がかさみます。そのため、早く適当なところで治療を切り上げるよう相手側の保険会社から求められるケースも少なくありません。慰謝料に対する知識がないと、その要求を受け入れてしまいそうになりますが、治療の打ち切り=症状が固定されたと認める事になってしまうので、安易に保険会社からの申し出を受けない方がいいでしょう。そうした余計な声に惑わされないためにも、弁護士の存在は必要です。

未分類 治療にかかる慰謝料の基準 はコメントを受け付けていません。

交通事故に遭った場合

2月
22

交通事故に遭った場合、やはり気になるのは慰謝料です。適正な額の慰謝料をもらえるかどうかは、被害者にとって大きな問題です。交通事故に遭った場合、慰謝料を決めるためには3つの基準があります。慰謝料をアップさせるために弁護士に相談するメリットについて調べました。

交通事故の慰謝料には自賠責保険基準、任意保険基準、弁護士基準と3つの基準がありますが、最も高いのが弁護士基準です。一般人がどれだけ交渉しても弁護士基準の額を適用するのは難しく、交通事故の慰謝料をアップさせるには、何よりも弁護士の力が必要不可欠です。加害者側の保険会社から提示された慰謝料が、弁護士に依頼する事で大幅にアップし、中には数百万も慰謝料が増えたというケースもあるのです。

交通事故の慰謝料と一言で言っても、その内訳は幅広いものです。交通事故によって被った被害の精神的な慰謝料だけでなく、治療費や損害賠償、後遺症による逸失利益も慰謝料に含まれます。これらの細かい項目にそれぞれ、自賠責保険基準、任意保険基準、弁護士基準があるために、慰謝料の算出は一般人にはとても難しいのです。最も高い慰謝料額を算出するには、過去の判例と照らし合わせて弁護士基準を求める必要があります。過去の判例からみた弁護士基準を、実際に弁護士が相手側の保険会社に提示する事で、ある種の圧力をかけることができます。

こういったメリットからも、交通事故の被害者になってしまった場合は、弁護士に相談するのが一番です。慰謝料をアップさせるためにも、交通事故に詳しい弁護士を探しましょう。このサイトは突然の交通事故でお困りの方にも役立つ、交通事故の慰謝料についての知識を解説します。

未分類 交通事故に遭った場合 はコメントを受け付けていません。